コミュニケーションの能力テストに無料でチャレンジ
コミュニケーションの基礎
まわりを援助するコミュニケーション
専門家からプロのようなコーチング
カウンセリングのスキルを身につけたい方へ
ビジネス(職場・仕事)向けコミュニケーション

講座一覧はこちらから
講座一覧はこちらから

ニュース

  • RSS
  • 一覧

トレーナーのブログ

コミュニケーション能力と心理学

Q&A

コミュニケーションニュース

ますます注目される能力とは?

毎年、話題になります。
日本経団連が提供しているアンケートデータです。

企業が人材採用時に最も重視する能力として求めているのは、
2004年より連続で「コミュニケーション能力」を第1位にあげています。

不思議ですね。
なぜ、いつまでも第1位が同じ能力なのでしょうか?

それは、
これまでのコミュニケーション能力向上に関するトレーニングの限界か?

なぜ、社会で求められている能力が、
長い間、同じテーマで変わらないのでしょうか?

それは、コミュニケーションの方法が、
時代とともに変わってきたからではないでしょうか?
グローバル化…
多様化した価値観…
間もなく訪れるであろう「定年70歳時代…」。

時代とともに変わったことが多いのに、
コミュニケーションの方法は変わっていないのではないでしょうか?

時代とともに向上する必要があったコミュニケーションスキルが、
いままだ体系化されていないのです。
長い間、コミュニケーション能力研修のテーマが変わらないのです。

「コミュニケーションの時代」という言葉を、
いろいろな場所で耳にするようになりました。

しかし、
現状のやり方だけでは、
社会が求めるコミュニケーション能力が向上しないようです。


私たちの見解ですが、
コミュニケーション能力が改善されない主な理由は、
それを向上させるテクニックを勘違いしているからです。

誤ったトレーニングの弊害が存在しているのです。
一昔前から注目されているコミュニケーション能力研修の内容は、
叱り方、ほめ方、聴く力、質問力でした。

誤解しないで下さい。
叱り方、ほめ方、聴く力、質問力が不要なのではありません。


知識社会で『叱り方』を学ぶ弊害。

叱り方が注目されていたのは、一昔、ふた昔前のことです。
時には、上手に叱ることは大切なスキルです。
しかし、叱るという行為は相手を上から目線で見るという行為でもあります。
(【ほめる】という行為も、上から目線の行為です。)

私たちは相手を上から目線で見てしまう【叱る】【ほめる】という行為を、
小学校や中学校時代に先生との関わりから学びました。
それが社会に出てから部下を安易に叱ったり、
子どもを平気で叱る理由です。

最近、受講者から参加動機を尋ねると、
「上司から『君はコミュニケーションがダメと言われ』参加した・・・」と
いう理由が目立ちます。

能力のある上司だったら、
このような言い方を部下に絶対しないでしょう。

これが、
これまでのトレーニングの限界の一つです。
社会に出ていく側ばかりに問題があるのではなく、
受け入れる側(上司、管理者、親、先生たち)に問題があるのです。


リーダーの独りよがりが目立つ『コーチング』の弊害。

また、最近はテレビやマスコミで定期的に取り上げられるコーチング。

自立した社員を育てるには、
自ら『気づき』『変化する力』が大切です。
そこで注目されたのが『気づき』を促進させる質問力です。
質問力の代表格がコーチングです。

私たちトレーナー協会には日本を代表する組織やコーチから、
コーチングを学び、
国際的なコーチの資格を有する者も存在します。

だからこそ、自立型の人格を育てるにはコーチングが有効なことを熟知しています。
しかし…

日本に存在するコーチは、
クライアントである相手がコーチという存在に合わせて、
コミュニケーションをしてしまっている現実に気づかない方が多いようです。
そして、
気づいていても、その対処法が体系化されていないのです。
だから、コーチングがリーダー層にしか効果的でないことは、
すでに明らかな事実です。

有名なプロコーチたちが自ら、
「コーチングはやる気のある相手にしか機能しない…」と、
コーチングがごく一部にしか効果的でないことを公言しています。

しかし、 コミュニケーションの大切な目的の一つは、
「やる気を失いかけている相手」
「目標、目的を見いだせないでいる相手」
「自分を見失っている相手」
と向き合うことです。

ですから、現状のコーチングには大きな限界があるのです。

しかし、誤解しないでください。
自立した人間を育てるには、
自ら『気づき』『変化する力』が大切です。
その時にはコーチングが有効になります。


相手が自ら問題解決する力を与える。

本来、部下や子どもを叱ったり、ほめたり、
話を聞いたり、コーチングする目的はどこにあるのでしょう?

それらの目的は、
相手に【気づいてほしい】【成長してほしい】【自立してほしい】からです。
そして、自ら問題解決していく力を身につけてほしいからです。からです。
それが目的なら、もっといい方法があります。

20世紀最大の知の巨人。
ピーター・ドラッカー氏が言うように、知識社会になりました。
時代とともに社会が変わりました。

まわりの尊厳を大切にして、パートナーとして関わる知識社会といわれる今。
『叱り方』『ほめ方』『質問力』がコミュニケーション研修の主流では、
成功しないのです。
今の社会に必要なコミュニケーション能力を学びましょう。
時代に合ったスキルを身につけましょう。

時代が求める能力とは?

私たちは、
時代が求める4つの能力をテーマに、
コミュニケーショントレーニングを実施しています。

1.気づく力
2.寄り添う力
3.関係性を構築する力、
4.自己開発する力

  • 気づく力
    長所、短所、改善点、自分の未熟さ、心の痛み、
    人間に弱さ、気づく力は人間力の土台です。
    コミュニケーションの基礎です。
    自分とまわりの変化や状況に気づくことが出来る人は、
    本当に少ないものです。
    求められる人材になる基礎能力は気づく力です。
    気づく力がなければ自分とまわりの自己実現を
    援助できません。
  • 寄り添う力
    寄り添う力が向上すると、
    まわりから選ばれる存在になれます。
    部下、上司、顧客。
    そして、子ども、家族。
    影響力のある言葉を話すには、
    寄り添う力が不可欠です。
    そして、寄り添う力が身につくと
    自分とまわりを大切に出来る優しい人格が形成されます。
  • 関係性を構築する力
    この力が向上すると、
    まわりと深い信頼関係が構築できるようになります。
    深い信頼関係は、
    親子・夫婦、上司・部下・お客様、
    恋人・友人との関係を
    ストレスにない良好なものにします。
  • 自己開発する力
    自分とまわりを無理なく自然に成長させていく力です。
    自己実現は成長の連続です。
    そうです。
    成長の連続が成功に繋がります。
    そうです。
    私たちは成長していくことで
    自己実現を手に入れることが出来ます。
    自己開発する力が自分とまわりを
    幸せにすることが出来るのです。

人生を楽しく豊かにする基礎能力。

コミュニケーションの力が生活を向上させます。
人生を成功させるのです。

私たちトレーナー協会が大切にしていることです。

優しい人へ
自分とまわりに厳しいことは大切なことです。
そして、
自分とまわりをねぎらうことは、
もっと大切です。

意志の力は「気づき」。
そして、
かかわりに「選択肢」を持つ力です。
私たちは、自己実現、家族、
健康の調和を大切にする
コミュニケーション能力を伝えています。
成果を知る人へ
人や組織の存在価値は、
売上や収入ではかることはできません。
もしそれで計れるなら、
私たちの仕事は詐欺師でもかまわないはずです。

「人」の存在価値は、
かかわる者たちの変化ではかれます。
コミュニケーション能力とは、
相手に肯定的な影響を与えることです。
尊重できる人へ
私たちは、
誰もが幸せになる力を持っています。
信じています。

ですから、
関わる者たちを過度に心配することはありません。
過度に心配することは、
相手に失礼でもあります。

私たちは、自ら学び成長し、
自分で問題を乗り越えていく
コミュニケーション力を伝えています。

最後に過度な期待はしないでください。

学ぶ目的として資格取得は大切ですが、
私たちトレーナー協会は継続学習を奨励しています。
ご存じのとおり理由は明確です。
資格を取得しても日常で実践できない知識は価値がありません。
知識は実践することで知恵となり、それぞれの人生を成功に導きます。

私たちトレーナー協会からのお願いです。
人生の価値を彩るコミュニケーションを学び続けてください。

社会で求められているコミュニケーションは、分野を超えて活躍するトレーナーと一緒に!

  • 原 桂介トレーナー
  • 中井 あかねトレーナー
  • 黒木 康郎トレーナー
  • 椎名 規夫トレーナー
  • 猪瀬 健トレーナー
  • 今井 雅子トレーナー
  • 岡庭 護宣トレーナー
  • トレーナーの実績を確認する

著書と発行物

人を動かす力「時間とお金をかけてやっと見つけた最後のコミュニケーション術」
著書「人を動かす力」
自分とまわりを変える魔法のNLP実践トレーニング
著書「自分とまわりを変える魔法のNLP実践トレーニング」
会社を辞めてフリーで個人で独立成功〈集客・売上UP〉完全マニュアル
会社を辞めてフリーで個人で独立成功〈集客・売上UP〉完全マニュアル
1000年に一度の経営危機を乗り切る『経営者の心のケア』と『自ら未来を創るドラッカーマネジメント』
DVD「1000年に一度の経営危機を乗り切る『経営者の心のケア』と『自ら未来を創るドラッカーマネジメント』」
ページの先頭へ