コミュニケーション 褒め方

 

こんにちは

トレーナー協会の猪瀬です。

いつもメルマガをお読み頂き

ありがとうございます。


褒め方
 

今日は、「上手な褒め方」について

お話させていただきます。

コミュニケーションにおいて、

ネガティブな言葉の伝え方に悩む人は

多くいらっしゃると思います。

 

では、ポジティブな言葉

「褒め言葉」を、どのように伝えるかについては、

どうでしょうか?

 

受け取りにくい褒め方

 

例えば、Aさんに「素敵ですね!」と伝えたとします。

そのような場面で「いいえ、とんでもないです…」と

謙遜されてしまったことはありませんか?

 

実は「Aさん、素敵ですね」という言葉は

相手を評価するコミュニケーションであり、

そのようなコミュニケーションは、

「受け入れる」、「受け入れない」の判断を

相手に委ねた状態になってしまっています。

 

 

そのため「謙遜」や「遠慮」といった文化のある

日本人は、褒め言葉を素直に受け取ることができず、

NO」と言ってしまいがちです。

 

 

せっかく素敵な言葉を伝えようとしているのに

何だか、もったいないですよね。

 

自分の気持ちを伝える 

 

そんなときは、少し工夫をしてみてください。

「Aさんを見ていると元気になります」

「Aさんと話していると優しい気持ちになれます」などの言葉で

自分の気持ちを伝えてみましょう。

すると、相手も気持ちよく「褒め言葉」として

受け取ってくれるようになります。

 

決めつけはしない

 

怒っている人に

「怒っているよね?」と聞くと

「怒ってないよ!」と言われることも多いように(笑)、

相手を評価する(決めつけてしまう)伝え方は

多くの場面で、あまり良いコミュニケーションとはいえません。

 

上手な褒め方とは、

「相手の評価を伝える」のではなく、

「自分の気持ちを伝える」ことを意識することが大切です。

 

 

コミュニケーション 伝え方

 

こんにちは。
トレーナー協会の猪瀬です。
いつもメルマガをお読みいただき
ありがとうございます。

アドバイス


今日は「アドバイスの伝え方」について
お話させていただきます。


例えば、相談したり、されたりした際は、
「もっと○○したら良いんじゃない?」
「私だったらこうするよ」といったやり取りが一般的なように思います。

 

主観的になっていませんか?


ただ、こういったアドバイスの前提は、
「私だったら○○する」という『主観的傾聴』、
つまり自分の意見を伝えるコミュニケーションです。
そのため、コミュニケーションの主人公も自分になっています。


しかし、悩みなどの相談を受けた際のアドバイスで、
「自分」を主人公にした伝え方をしてしまうと、
相手にとっては素直に受け取れないこともあります。

 

客観的に聞く事


そのような場面でのアドバイスで重要なポイントは、
「自分の意見」ではなく、「相手が自ら意見を言う」
コミュニケーションをすることです。


「何があったの?」「詳しく教えて?」といった問いかけや、
「そんなことがあったんだね」など、相手の言葉を受容し、
相手が話したいことを話せる状況を作ってからアドバイスを伝えると、
相手は聞いてもらったという安堵感(信頼感)の中で
スムーズにアドバイスに耳を傾けてくれるようになります。


それが相手を主人公にした『客観的傾聴』です。


特に「聞いてほしい」「わかってほしい!」という
気持ちが強い方には、話を聞いて受容するだけで、
落ち着いた状態を取り戻し、
自ら解決策に気づくこともあります。

 

実践してください


ちなみに、このような話の聞き方は
抱えている問題を明確にする際や、相手との信頼関係の構築にも
役立つため、カウンセリングやコーチングの場面にも活用できます。


カウンセリングというと、とても大きな問題を抱えた
特別な状況を想像してしまいがちですが、
仕事上、もしくは、親子での会話など
実は、日常にアドバイスを目的としたコミュニケーションが
多く存在しているように、「客観的傾聴」は、普段の会話にも
応用できるスキルなのです。


「アドバイスをしたら何だか気まずくなってしまった…」
という経験をお持ちの方は、
1.相手である本人が意見を言えるコミュニケーション
2.客観的傾聴と受容
をポイントに、アドバイスを伝えてみてくださいね。

関係性のつくり方

こんにちは。
トレーナー協会です。

伝え方

皆さんは、部下や家族、子ども、恋人が
何か失敗や期待に応えられなかった時に
どんな言葉をかけますか?

質問をするのであれば
その質問が相手を不快にさせてしまうことがあります。

もちろん、何か理由を聞くことは大切です。
しかし、気づいていないかもしれませんが
「なんでそうなったの?」「教えて!」という言葉を
強く言ってしまったり、怒りの感情を出して言ってしまったり
素っ気なく言ってしまったりしていませんか?

もし、そうであれば相手は傷ついているかもしれません。
例えば、強く言われたりすると責められてると感じませんか?
不快な感覚が出てくると思うのです。

「あっ、私怒られてる、早く終わって欲しい」って
相手が思ってしまえばコミュニケーションは成立しません。
何故ならば、もう怒られたくないので言い訳をしてしまう人が多いのです。

もちろん、傷つけられたり
期待に応えてもらえなかった場合、
私たち自身も不快になるのは当たり前だと思うのです。

相手も辛い

しかし、相手も失敗をしたくてしたのではないのです。

もしかしたら一生懸命に
期待に答えようとしているのかもしれないです。
そんな気持ちがある人に、強い口調で質問したらどうでしょうか?
「私だって、失敗したくなかった。」と思われてしまうのです。

多くの人は自分の感情にコントロールされて
コミュニケーションをしてしまうのです。

大切なのは「私も相手も辛いんだ」と思うこと。
その時の感情ではなくて、その人も頑張ったんだなと思うことです。

期待した方も辛いんです。
しかし、期待に応えられなかった本人が一番辛いはずです。

だから、問いかけるときは工夫をしてください。
言葉が中々出てこなければ言い方を変えてみてください。
強い口調で「どうしたんだ?」と言われるのと
優しく、見守る口調で「どうしたんだ?」と言われるのは
全然印象が違います。

言葉に愛情

ブログでも何度も書いていますが
何を言うかではなくて、どの様に伝えるかです。

愛情を言葉に載せれば相手に愛が伝わります。
怒りを言葉に載せれば相手に怒りが伝わります。

当たり前の事ですが、コミュニケーションが上手な人は
自分の事だけではなくて、相手の事も考えている人です。

悩んでいる人に対して
「くよくよするな!」と言ってもいいんです。
その言葉に相手に対する愛情が乗っていれば
相手に上手に伝わるでしょう。

愛がなければ、相手には伝わらずに
不快にさせて終わってしまうでしょう。

コミュニケーションがうまくいかなかったり
相手が本音を話してくれないときは
まずは、自分のコミュニケーションを見直してみると
ヒントや気づきが見つかるかもしれません。

大切な人や期待をしている人だからこそ
期待を押し付けるコミュニケーションではなく
許せるコミュニケーションをすることって大切だと思います。

ただ単に、言葉をかけることは
情報交換であり、コミュニケーションではないのです。

コミュニケーション能力

相手の尊厳や気持ちに寄り添うのが
本当のコミュニケーションのような気がします。

コミュニケーション能力が高い人は
言葉が上手い人、話が上手い人ではないのです。

口数が少なくても、多くても
話しベタでも、上手でも
相手を大切にすることがコミュニケーション能力です。

コミュニケーションとは?(変化を楽しむ)

こんにちは!
トレーナー協会です。

コミュニケーションは少し前から
注目されているスキルの一つになってますね。

調査で分かったこと

ある調査では、企業が人材に求めている能力は
10数年連続コミュニケーション能力だそうです。

悪く言ってしまえば、10数年連続
「コミュニケーション能力が上がらない」と言っているのですね。
では、いったい何が起こっているのでしょうか?

コミュニケーションの質が変化している?

例えば、今ポケベルを使っている人はいますか?と聞くと
多分、ほとんどの方が使っていないと答えます。
当時はあれだけ便利と言われたポケベルも
今の時代には合っていないという事です。

同じようにコミュニケーションの仕方も変化しています。
少し前の転職は否定的にみられましたが
今は「キャリアチェンジ」と言って
転職を支援するところまで出てきました。

一つの会社で勤め上げると言った概念が
今は通用しなくなってしまっていますね。
ですから、仕事において「統制的なコミュニケーション」は
通用しない時代になってきているという事です。

大切なことは、気づいて変化する事

もし、今の現状が上手く行っているのであれば
変える必要はありません。
「もっと良くするには?」と成果を上げる事を考えれば良いのです。

しかし、上手くできていないと気づいているのであれば
いつまで、同じやり方を続けるのですか?という事です。

よく「変わらないで良い」と言う言葉を聞きますが
今が上手くいかないのなら、新しい知識を取り入れることが大切です。

その為には、「気づく」事が大切です。

自分のコミュニケーションや周りの反応に気づくことが大切です。
人を傷つけた事、悲しませた事
今上手くいっていない事に気づく事です。
だから、きっとツラいと思うんですね。
いつか上手くいく!と思ってた方が楽で居られるのです。

でも、上手くいく保証はありません。
だからこそ、変わる決断をすることが
周りや自分変える第一歩になるのでしょう。

正しい聞き方と間違った聞き方

コミュニケーションで話を聞くスキルを
「傾聴」と言います。
話の聞き方にはポイントがあります。
それは、相手を大切にした傾聴をすることです。

多分、皆さん相手を大切にしてると思います。
しかし、無意識で自分が主人公の傾聴をしているのです。

自分が主人公の傾聴とは?
求められていないのにアドバイスをしてしまう。
自分の体験談を話してしまう。
質問を沢山してしまう。(5w1h)

特に5w1hに関しては
いつ?/どこで?/誰が?/何を?/なぜ?/どの様に?
こういった質問ですね。

よく、本などでは5w1hを
使いながらと言われていますが
これは、海外の質問の仕方で
日本人では合わない人が沢山います。

特に「仕事で失敗しました」と言う場合
「なぜ?」と聞くと大体の人が
責められてると感じている様です。

その場合は、本音ではなく言い訳しか聞くことが出来ません。
5w1hは、仕事を任すとき、計画をする時などには有効ですが
ネガティブな発言の時には最初から
5w1hは使わないようにしましょう。

変化に対応する

時代とともに流行は変わります。
時代とともにコミュニケーションも変わります。
自分の常識は相手の非常識であり
相手の常識が自分の非常識の事が多いのです。

当協会がお伝えするコミュニケーション講座は下記になります。
コミュニケーション能力1級認定講座
→ https://www.communication.or.jp//commuup/index.php

名古屋 カウンセリングとコーチングを学ぶ

こんにちは。
トレーナー協会です。

名古屋校で心理カウンセリング&コーチング1日講座を
開催しました!1日で資格取得をする講座になります。

カウンセリングとコーチングの資格

ほとんどが国家資格ではありません。
最近になって、メンタルやストレスに対して
国が力を入れるようになり、少しずつ注目されている
スキルでもありますが、まだまだアメリカなどに比べれば
メジャーなものではありません。

例えば資格も重要ですが
その資格の能力を活かすことがより重要になります。

私たちの協会の学びとは?

私たち、トレーナー協会では
カウンセリング&コーチングは、
枠を超えてどちらのスキルも使いこなせないと
上手く行かない時代に突入してきたと感じています。

コーチングスキルだけではNGな方。
カウンセリングスキルではNGな方。
大切なのは相手に合わせたアプローチを使いこなすことです。

団体によって違います

カウンセリング・コーチングでも
団体さんによってアプローチの方法が異なります。
例えば、傾聴を大切にしながらカウンセリングをすることを
大切にする団体さんもあります。

当団体は傾聴ではなく「観察」を大切にしながら
カウンセリングやコーチングを行っていきます。

観察を使う目的としては
言葉の裏側にある本当に気持ちに向き合う。
深い信頼関係を築く言葉の為に必要。

観察を上手く使いこなせると
言葉以外の部分を感じ取ることができ
相手の気持ちに寄り添う言葉が掛けれるようになります。

私たちの団体では
何を言っているかではなく
どんな気持ちで言葉を伝えているかに
焦点を向けながらコミュニケーションを取ることを推奨しています。

沢山の団体さんが
カウンセリング・コーチングと表現は一緒でも
アプローチに違いがありますので
自分に合ってると思うスキルを学ぶことが大切です。

 

 

カウンセリングとコーチングを学ぼう!



こんにちは。
トレーナー協会です。

最近、若い方も沢山学ばれる
大人気の講座が、「心理カウンセリング&コーチング」です。

「心理」とつくので、心と向き合ったり
ストレスやメンタルのテーマとどの様に向き合うかを学びます。

皆さん、カウンセリングの基本的なスキルは
受容(信頼関係を築く)+問いかけです。

非常にシンプルな流れなのですが、
これを行う前にもっと大事なことがあります。

厳密に言うと、あることが出来ないと
カウンセリングやコーチングの技術は役に立たないのです。

なんだと思いますか?
非常に大切な事なのです。
少し考えてみてください。

ところで、少し話は変わってしまいますが
皆さんは、相手とコミュニケーションをするときに
大切にしていることってありますか?

笑顔でいる事?
おうむ返しすること?
優しくする事?

沢山あると思います。

例えば、おうむ返しについてです。
あなたに悩みを話す人が突然、
「あなたになんか話さなきゃ良かった。」
「時間を返して!!」と突然言ってきたら
おうむ返しできますか?

多分、半数以上の方は出来ないのではないでしょうか?

なぜか?自分が責められたと感じたり
ストレスを引き起こしてしまうからです。
こうなってしまうと、脳は落ち着きを失ってしまいます。

表面上は冷静でも、内面はパニックで真っ白になってしまう。
だから、火に油を注ぐような一言を言ってしまったり
信頼関係を余計崩してしまう一言を言ってしまったりします。

もう、カウンセリングやコミュニケーションの技術は
使えなくなってしまっていることでしょう。

子育ても、仕事でも、夫婦でも
ストレスが掛かると上手なコミュニケーションが出来ません。

もう、お気づきになられた方もいらっしゃるかもしれませんが
一番大切なのは、カウンセラーやコーチが常に自分を保てるような
状態でいる技術を身に着ける事です。

自分のストレスと付き合うことが出来れば
予期せぬ事が起こったときも柔軟に対応できるでしょう。

しっかりと自分を動かせることが
大切です。

徳島市コミュニケーション能力1級コース



こんにちは。
トレーナー協会です。

先日、コミュニケーション能力1級認定講座を
徳島市で開催しました!

会場の近くには、海が広がって
自然に囲まれた素敵な場所でした。

写真は、会場近くの海です。

コミュニケーションを学んで
どの様に活かしたいのか?

学ぶ上で非常に大切なテーマになります。
「学びたい!」だけでは、良い学びはできません。
学んで→どんな自分になりたいのか。
目標を持つことが大切です。

技術よりも意欲が学びの質を変えていきます。

学びたくないものを無理やり学ばせても
モチベーションは高まるどころか、逆に下がってしまいます。

1日、ただコミュニケーションをお伝えするのではなく
実践しながら、笑い合って、よりコミュニケーションを
楽しんで学べる環境づくりをこれからも作り続けたいと思いました!

今回は、少人数での開催でしたが
少人数だからこその強みを活かせた講座が出来たと思います。
参加してくれた皆さん、本当にありがとうございました。

少しの工夫でコミュニケーションは劇的に変わります。
私もそうでした。(笑)

コミュニケーションを学ぶ前の私は
周りの人のネガティブな部分を見てしまい
否定的なコミュニケーションばかりしていました。

しかし、コミュニケーションを学んで 少しだけ、自分のコミュニケーションに工夫を加えただけで
多くの方と円滑にお話が出来るようになったと感じています。

コミュニケーションの改善の仕方は
実はすごいシンプルです。

逆にシンプルだからこそ、難しく感じてしまうのかもしれません。

自分も周りも笑顔にできる、
コミュニケーション能力が身に付くと
自然とコミュニケーション能力が向上し
自分の選択肢が増えて、上手に言葉をコントロールできると思います。

皆さんは、周りの人からどんな人で覚えられたいですか?

【名古屋校】自分のコミュニケーション



こんにちは。
トレーナー協会です。

名古屋でもコミュニケーション講座を開催しています。
皆さん、コミュニケーションと言うと思い浮かぶのは
大体が、対人コミュニケーションですよね。

人とのコミュニケーションをする前に

対人コミュニケーションも大切ですが、
自分とのコミュニケーションが上手くできていないと
対人コミュニケーションが上手くいかないのはご存知ですか?

では、そもそも自分とのコミュニケーションとは何か?
と言うところを説明します。

受け取り方

自分たちは、たくさんの体験から
たくさんの受け取り方をします。

幼い頃に「自分で考えなさい」と教わった方は
誰にも相談せずに1人で頑張ることを受け取る方が多いです。

この様な受け取り方を持っていると
大人になってからもあまり相談せずに
1人で頑張っている方が多いです。

このテーマを持っている人が
・誰かに甘えている人を見たり
・子供に甘えられたり
・1人では頑張れない人を見たり

この様な事を見たり、体験したりすると
自分の受け取り方の中には「甘える」というものが
少ないために「イライラしてしまったり」「不快になったりします」
部下や子供であれば「自分で考えろ!」と怒鳴ってしまうかもしれません。

自分のテーマに気づけないと?

これは、情動・衝動と言われるもので
瞬間的に自分とは違う人を見ると
「怒鳴る」「悲しむ」「イライラ」すると言うものです。

だから、コミュニケーションの本などで
聴き方や話し方を勉強しても、自分の人格に気づけないと
コミュニケーションの技術は使えません。

怒ってはダメだと分かっていても怒ってしまう。
優しくしようとコミュニケーションを学んだのに技術が使えない。

この様な事は、多くの人が感じることでもあります。

技術を学ぶ前に

コミュニケーションにおいて
わかってはいるけどやめられない行動に関しては
対人コミュニケーションを学ぶよりも先ずは自分を知ることです。

良くお問い合わせで、コミュニケーションを学んで
人とうまく付き合いたい!と言う方が多いです。

その時には、どんな場面でそう思うのか?と
逆にご質問をさせて頂くことがあります。

お話しを聞いている中で、
自分の中のテーマに気づいて頂くと
コミュニケーション講座ではなくて、
自分を知る講座を学ばれる方もいらっしゃいます。

自分のテーマと向き合おう

自分にはどんなテーマがあるのか。
コミュニケーション講座で良いのか?
カウンセリング講座やセラピスト講座みたいに
心の仕組みを知る講座が良いのか?

学ぶ前に少し自分と相談してもいいと思います。

せっかく学んでも自分をコントロールできないと
コミュニケーションの技術はコントロールできません。
学びたい方は、何を自分は知りたいのか明確にすると良いかと思います。

コミュニケーションは自分の在り方。
そして、人の人生そのものが詰まっているものです。

辛いコミュニケーションではなくて
楽しいコミュニケーションができると良いですね。

私たちが開催している1日講座

私たちは、コミュニケーションを含め
カウンセリング、コーチング、セラピーなどの講座を
お伝えしています。

興味がある方は、下記のURLをご覧下さい。

https://www.communication.or.jp/communication-course-list/

気になることなどありましたら、
お問い合わせも受け付けております。

【東京】楽しく学べました!



こんにちは。 トレーナー協会です。

カウンセリング&コーチング1日講座を
開催させていただきました!

素敵な評価を頂きました!


終了後のアンケートでは
16名参加で13名の方から満点評価を頂きました!
3名の方も10点満点中8点と7点でした。

素敵なメッセージをありがとうございました!!

私たちの1日講座では、笑顔で深い学びをして頂くために
参加者の皆様のトレーニングに目を向けさせていただいております。

時にはユーモアを交えて、初めての方にも
わかりやすくお伝えできるように心がけております。

傾聴より大切な事


そして、私たちのカウンセリングの講座では
傾聴のトレーニングはありません。

これは、講座中にもご説明をして
参加者の方が驚くポイントの一つですが
傾聴よりも観察に重点を置いた、トレーニングをメインに行います。

何を言っているかではなく、
どの様に言っているか、表情や雰囲気、仕草などから
言葉の裏側に隠れているメッセージを感じ取るトレーニングです。

このテクニックが使えるようになると
深い無意識レベルとコミュニケーションが出来るので
相手と短時間で深い信頼関係を築くことが出来ます。

大切な二つのスキル


そして、もう一つのポイントは
セミナーの題名にもなっている
【心理カウンセリング&コーチング】についてです。

私たちのトレーニングでは、コーチングとカウンセリングを
同じ枠で学んでいきます。

本来、スキルとしては別ですし
多くの団体さんでは、分けて学びを提供するすることが多いと思います。

なぜ?私たちの団体は一緒に学ぶのかというと
大切なのはクライアントの状態を吟味して
スキルを使い分ける必要があると考えているからです。

例えば、リーダ層の人はより生産性や社会貢献を
求めるためにしっかりとしたコーチングを学べば
成果が期待できるはずです。

しかし、リーダのエネルギーについていけなくて
傷ついている人も沢山いるのも事実です。
そして、その方はコーチングをしても上辺だけの答えで
終わってしまう場合があります。

現状のモチベーションが低いのであれば
【カウンセリング】をしていきます。

そして、モチベーションが高い人に対して
【コーチング】を使っていきます。

大切なのは、スキルを選択し使い分けることです。
素敵なカウンセラーやコーチとして活躍されている方は
肩書にとらわれずに、スキルをクライアントに合わせて
コミュニケーションをしています。

ですから、私たちは別々に学ぶのではなくて
二つの素敵なスキルが合わさり
初めて、最高の技術を作ることが出来ると考えています。

プロセスリフレーミング

こんにちは。
トレーナー協会です。

コミュニケーションは土台

沢山の学びをするわけですが、
心理学やカウンセリングもそうですけど、
土台はコミュニケーションです。

コミュニケーションがうまく出来なければ
心理学やカウンセリングもうまくできません。

その他にも、仕事や恋愛にも影響を及ぼすのが
コミュニケーションです。

では、コミュニケーションとはどのようにすればいいのでしょうか。

コミュニケーションを上手にするには?

ブログで何度も書かせていただいているとおり
コミュニケーションで大切にすることは
非言語です。

非言語を観察する

非言語とは、言葉の意味ではなく
姿勢、表情、声のトーン、雰囲気、背景など
言葉以外の部分を観察することが大切です。

これができないと、コミュニケーションは
ただの情報交換になってしまうのです。

上手なコミュニケーターは
相手の非言語とコミュニケーションをしています。

それから、傾聴のやり方も上手な傾聴と
そうではない傾聴があります。

傾聴にも違いがある

主観的な傾聴と客観的な傾聴があります。
主観的に聞くとどのようなコミュニケーションになるか?
「求められていないのにアドバイスをしてしまう」
「自分の話になってしまう」
「自分の思ったことを尋ねてしまう」
コミュニケーションの主人公が自分になってしまっているパターンです。

客観的傾聴とは
「もう少し話してくれませんか?」「具体的に・・・?」
この様に相手が話したいことを引き出す質問です。
コミュニケーションの主人公は受け手です。
だからこそ、自分ではなくて、相手がスッキリすることが大切です。

見方を変えること

それから、物事の見方を変えるコミュニケーション
これを「リフレーミング」と言います。
例えば、頑固→意志をしっかり持っている
要は、ネガティブな言葉、思いを言い換えることで
肯定的にする技術になります。

これらは、簡単なテーマであれば
相手に気づかせたり、モチベーションが上がったりします。
しかし、リフレーミングは思考(考え方)を変えるトレーニングです。
気持ちのケアまでは中々できません。

感情と思考は違う。

ですから、感情や気持ちのテーマが出ている場合は
リフレーミングをしても効果がないどころか
逆に相手を怒らせてしまうことがあります。

気持ちや、感情のテーマが出ているのであれば
思考を変えるリフレーミングではなくて
感情のケアをするプロセス・リフレーミングが有効です。

相手を大切にするコミュニケーション

ここ数年でコミュニケーションでも使える技術と
そうではない技術が明確になってきました。

今まで常識だと思われてた技術が使えなくなり
考えもしなかった技術が有効になってきた時代です。
どんな場面でも、コミュニケーションの主人公は受け手です。
自分が主人公になってしまうコミュニケーションは
一方通行になっている場合が多いです。

相手の尊厳を大切にしながら
伝える事が大切です。

ページの先頭へ