東京校 [カウンセラーの目的]

10256084_642463102505269_3264544793878881801_o.jpg

こんにちは。
トレーナー協会です。

本日は、沢山の方と
カウンセリングを学びました。

学んでいた方も・初めて触れる方も
慣れていない事に真剣に取り組んでくれました。

当協会のカウンセリングは、
あまり傾聴と言うやり方を重要視していません。

確かに、傾聴も大切なスキルですよね。
しかし、私たちは傾聴よりも観察をしている
とでも言いましょうか。

言葉以外の部分とコミュニケーションをしていきます。
なぜならば、言葉以外の非言語には
言葉にはできない相手の本当のテーマが隠されている
場合が多いからです。

ですから、見た目、話し方、呼吸の速さなど
人が無意識で行う一つ一つの動作に
その人の生き方やテーマが現れてくるのです。

ですから、非言語を観察すれば
上手なカウンセラーだと5分もあれば
カウンセリングは終わります。

当協会のカウンセリングのやり方は
相手の話している問題には目を向けません。

目の前の相手を大切にしながら
相手が自ら乗り越える補助をしていきます。

カウンセラーの目的は、問題に目を向けることではなく
目の前の相手を元気で安心させる事が重要ではないでしょうか?

当協会のセミナーに関しては、
下記の太字をクリックしていただくと
ご覧になれます。

当協会のセミナーのご説明はコチラ!

ページの先頭へ