男性と女性

こんにちは。
トレーナー協会です。

違いについて

男性と女性の関わり方って違いますよね?
男心がわからない、女心がわからない・・・等
男女間でのテーマは多くの人が持っているものです。

恋愛・夫婦・社内・友人
最近、芸能界でも男性と女性の問題が取り上げられてますね。

上手に関わるにはお互いの尊重するという事が必要になります。

どうしたら良いの?

どうしたら、失敗せずに円滑な関係ができるのか・・・?
少しでも男性と女性の違いを知ることも大切なのかもしれません。

男性の関わり方は?

男性の関わり方の多くは思考力が強く、
結果を求めたりが強い傾向があります。
例えば奥さんが「PTAの○○君のお母さんと上手くいかないの。」と
旦那さんに相談をするとします。

そうすると多くの男性は「それで、俺にどうして欲しいんだ?」と
聞く場合が非常に多いのです。これが結果を求めて思考に走るパターンです。

女性の関わり方は?

それでは、女性の関わり方とは・・・?
感覚や感情を大切にする関わり方をする方が多いです。
例えば女子会などが良い例になると思います。
「すごい楽しかったね!」「本当にすごく感動しちゃった!」
感覚・感情を表現する言葉をよく使います。
そして、女性同士でお話しをするときは声のトーンなどが一致している場合が多いです。

声のトーンに気をつける?

この声のトーンは関わり方について
非常に重要です。

例えば気落ちしながら「疲れちゃった。」と相談した時に
相手が大きな声で「それは大変だったね」と言われたらお話する気がなくなりますよね。

同じような声のトーンは相手を安心させたり、
似ていると無意識が思うで信頼関係が築けるわけです。

ですから、女子会で話が尽きないのは女性同士
信頼関係の作り方を上手に行っているわけですね。

男性は思考・女性は感覚や感情
これが違うと付き合い方がぎくしゃくする場合があるわけです。
男性は思考に入りますから女性の気持ちに中々気づけないものです。
女性も感覚や感情を大切にしますから思考に中々ついていけないのです。

どんな言葉を掛けたら良いのか?

疲れちゃったと言われた時に
「なんで疲れたの?」これが男性のパターン
気づいた方もいらっしゃるかもしれませんが
気持ちをスルーしてしまっているわけです。

本当に疲れていたりした人に言うと
傷つけたり、信頼関係を失うわけですね。
「そんな疲れるまで気づいてあげれなくてごめんね。」
これぐらいのアプローチはできるようにしたいものです笑

私も男性ですが、男性よりも女性の方が
関わり方が上手と感じています。

関わり方やコミュニケーションは意味を聞くよりも
どんな気持ちで言葉を発したかに焦点を当てることが大切なんです。

女性が疲れてしまう?

そして、バリバリ仕事をする女性の方
今度は女性に怒られてしまいますが、
仕事においては男性がリーダーの場合が多いです。

先ほど、お伝えしたとおり
男性は結果や思考を大切にしますから
女性が大切にしている感覚を中々使えずに男性社会に
のめり込んでる方も多いかと思います。

その環境が悪いわけではありません。
ただ、疲れすぎてしまったり
強い自分・結果を気にする自分を演じてしまう事があります。

女性の場合は疲れたりすると涙が自然に出てきたりと
そのような事が起こる事があるらしいです。

そんなときは勇気を出して少し休んでみてください。

価値観は受け入れられない?

お互いの考え方を受け入れることは
難しいと思います。

明日から○○になれ。
明日からこうしろ。

どちらかが妥協すれば解決はするでしょう。
しかし、一人はストレスを抱えてしまいます。

俺は巨人が好きだから
明日から阪神ファンやめて巨人ファンになれ。

これは無理でしょう。

受け入れることが出来ないからこそ
お互いを尊重してあげてください。

巨人が好き阪神が好き。
2人とも野球が好きなら楽しく野球を見る方法を考えることが大切です。

男女間でも同じように考え方が違う以上
尊重し、winwinになる方法を考えてみたいですね。

ページの先頭へ