弊社クチコミ ☆4.8

近江聖人(おうみせいじん)曰く、『神や仏は人が助けるものだ』

一般財団法人日本コミュニケーショントレーナー協会

営業時間:月曜日〜金曜日(土日祝覗く)9:30〜12:00/13:00〜17:00

近江聖人(おうみせいじん)曰く、『神や仏は人が助けるものだ』

神仏に成り切れるか?


江戸時代初期、近江聖人と称えられた陽明学者の中江藤樹という方がいました。

そして、中村天風先生は近江聖人の言葉を使って諭してくれます。
「こんりんざい、神様、助けてとは絶対言わないことだ。
 神仏を頼ってしまう気持ちをどこかに持っていれば救われません。
 神仏は頼るべきものではなく、あがむべきもの、尊ぶべきもの。
 自分自身が神仏に成り切ることが大切だよ。」



見えないものは信じない。


神仏に成りきって生きる。
そんなことを、あまり真剣に言わないほうがいいらしい。

 

数日前のセミナーでのこと。
参加者から「50歳を過ぎたので人生の軸を持ちたい」と質問が…
私は「それなら神仏のように生きることです」と請け売りした。

すると、セミナー評価から10点が消えていた。

セミナー参加者からの評価は、落第点が並んだ、(笑)


初めてあった人にスピリチュアルな話はしてはいけない。

大切な教訓を得たのだ。(笑)




私たちは見えないことを信じない。
耳から聞こえないことを理解できない。
常識を超えた知恵を、自分のものにするのは難しいのだ。

 

どん底から這い上がる。


誰の人生にも思い通りにならないことがある。
どん底のような状態になることがある。
60歳にも満たない鼻たれ小僧の私にさえ、いくつかのどうにもならない出来事があった。

 

大切な存在との別れ。
東日本大震災。
コロナ禍。




その度に乗り越えてきた。

 

どうやって?

先人たちの本を貪った。
繰り返し、先人の知恵を拝借させてもらった。
先人たちは素晴らしい。
感謝であふれる。

その中に見つけた。
神仏に成りきって生きる。
神仏の目的は何か?

 

私が学んだ神仏の目的は、
社会をもっと発展・成長させること。

 

2004年、ドラッカー・マネジメントで学んだこと。
迷ったら『貢献』を考えろ!

 

3歳児の頃、祖父の胡坐の上に聞いたこと。
「のり坊、世の中の為に生きろよ!」

 

みんな同じだった。
神仏と人の生きる目的は同じじゃないか!

 

先人が残してくれた!

先人に感謝の気持ちを伝えたい。
ありがとう。

 

人生のどん底こそ、
自分の狭い視野から抜け出る機会だ。

 

私たちに見えない世界。
聞こえない世界。
信じられない世界がある。

 

そして、その世界を少しだけ伝えよう。
私たちの人生は、神仏に応援されているようだ!(笑)

 

 
先人たちは素晴らしい。

江戸時代初期、近江聖人と称えられた陽明学者の中江藤樹という方がいました
『神や仏は人が助けるものだ』

 

まったくそうだ!



 

 

あなたにお勧めの講座です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


受付時間:平日(祝除)10:00~12:00 13:00~17:00
ページTOPへ