安心して学べる環境を提供するのは…

10年以上前になります。
2006年年頃から、ホームページを利用したセミナー集客が始まりました。

相手の顔が見えなくても、インターネット上で、商品・サービスの取引が行われるようになったのです。

信じられないかも知れません。
2000年ころは、全然、普及していなかったのです。


そして、2007年に頃から、セミナー開催をする業界でトラブルが増えました。
・参加費を払ったのに、セミナーが開催されない
・セミナー修了後、認定証などの追加料金を請求された
・連絡したくても、事務局に繋がらない
この様なトラブルが増えました。

なぜ、分かったのか?



実は、他団体へのクレームが、なぜか、私たちトレーナー協会に舞い込んできたからです。多いときは、毎日、他団体へのクレームが私たちに向けられました。

私たちは、他団体へのクレームに対処できません。

しかし、安心してコミュニケーションが学べる環境づくりが求められていることを実感しました。

そして、業界で先駆けて、安心してコミュニケーションが学べる環境を提言したのが私たちでした。

クラスを定員制に!
資格と実践できるテクニックのバランス。

2007年から、安心して学べる基準づくりに、率先して取り組みました。

・詰め込み式のやり方を排除するために、参加者に対するトレーナーとアシスタントの数の明確にしました

・資格取得だけでなく、日本のコミュニケーションスタイルで効果的に実践できるテクニックに注目しました

・セミナー参加者資格を絞りました(ネットワークビジネス参加者の禁止等)

・ストレスなく参加者が学べるスペースの確保

・団体の枠を超えた相談窓口を設置しました


・コミュニケーショントレーナーとしての活躍する場の提供しました

そして、そのような安心して学べる環境を、『コミュニケーショントレーニング市場』と私たちは定義しました。

また、コミュニケーショントレーニングとは、話を聞くだけのセミナーではありません。実践できるように、講座は体験ワークが中心です。だから、大勢の参加者で開催できるものではないのです。



非営利法人として私たちは、
・安心して学べる環境
・学ぶモチベーションとなる資格
・日常で実践できるテクニック
を大切にした講座を提供する事をお約束します。

安心して学べる場の定義。

最後に、『コミュニケーショントレーニング市場』は登録商標です。

安心して学べる場づくりに共感してくれた団体が審査を受けて登録されます。

ページの先頭へ
受付時間:平日(祝除)9:30~12:00 13:00~17:30