なぜコーチングを嫌いという人たちがいるのか?

こんにちは。
トレーナー協会です。

皆さんは、コーチングというスキルを
ご存知ですか?

最近では、
世界ナンバー1のコーチと言われている
アンソニーロビンスも日本に来日しました。

今、コーチングというのは
多くの人に求められているのかもしれません。

しかし、中には「コーチングが合わない」
「コーチングが好きじゃない」

その様な声も沢山あるのも事実なのです。

なぜ、この様な事が起こるのでしょうか?

先ずはコーチングと言うのは
目標設定を重要視している点があります。

「どうなりたいのですか?」という質問です。
素敵な質問ですし、目標設定をさせる事はすごく重要です。

しかし、クライアントの問題が焦点化されていなかったら...?
上手くいくのでしょうか?

それから、コーチングの質問方法についてです。
[思考的]な質問が多いのです。

感情を持っている[人]に思考のみのプロセスで
アプローチをすると上手くいくのでしょうか?

しかし、コーチングは素敵なスキルです。
上手く行くコーチング、上手くいかないコーチング。

下記の太枠をクリックすると詳細が見れます。

なぜ?コーチングを嫌いな人がいるのか?


2014/08/08

ページの先頭へ