コミュニケーションは人!

一般財団日本コミュニケーショントレーナー協会が、
あの二十世紀最大の知の巨人と評されたドラッカー氏の言う組織になれているのか?
それには、まだまだ疑問が残ります。
さて、私たちトレーナー協会にコミュニケーションを学びに来る方の中には、
「まわりが思い通りにならない・・・」と悩む方もいらっしゃいます。
「一生懸命関わっているのに・・・」と自分を責めてしまう方もいます。
そのまわりとは、それぞれ、
子ども、
配偶者、
親、
上司、
部下、
恋人・・・。
良く見かける光景です。ある母親が、
「最近、子どもが言うことを聞かなくなった。こんなに愛情をかけて育てたのに・・・」
と嘆きながら、イライラしています。
更に、
「どうすれば、子どもが言うことを聞くようになるかしら・・・」
と子どもを変えようとします。
ところが、他のお母さんは、
「最近、子どもが言うことを聞かなくなった。子どもが自分というものを持ち始めた・・・」
とニコニコして喜んでいます。
更に、
「これから、どの様に私の関わり方を変えればいいのかしら・・・」
と自分が変わろうとするのです。

しかし、卓越したコミュニケーターは、違うやり方をしているのです。
そして、それは成功者たちに共通する特徴です。
卓越したコミュニケーションのやり方とは?
続きはコチラ!r


2014/06/02

ページの先頭へ