「カウンセリング」「コーチング」を2年、3年と学んでも上手くならない一番の理由。

学ぶことは良いことです。

そして、学んだことが無駄になることはありません。

 

その上で、

最近、たくさんの方から寄せられるご相談にお答えします。

 

「5年間、コーチングを学んでいるのに上手くいかない!」

「70万円、カウンセリングの学校にかけたけれど

 相手が変わらない!」

「お恥ずかしいです。臨床心理士ですが、

 どうやって話を聞けばいいのか教えてください!」

 

時間をかけて、せっかく学んだのに実践できない理由:その1
それは、日本文化に合っていない使い方をするからです。

20世紀最高の知の巨人、

ピーター.F,ドラッカー氏は次のように記しています。

 

「コミュニケーションをする場合に

 知覚に関する限界の中で最も重要なものは、

 生理的な条件ではなく、

 文化的・情緒的条件であるのが普通である」

 

 

そうです。

学んだスキルが日本文化に合わないのです。

そして、

情緒的条件に外れているのです。

 

 

例えば、

大切にしていた仕事でミスしたとしましょう。

 

すると、その直後の心の状態は以下のように分かれます。

Aタイプ:挽回してミスを帳消しにしたいと頑張る人間 20%。

Bタイプ:落ち込む人間が60%。

Cタイプ:ミスに気づけない人間20%。

 

Aタイプの人間に、

「君はどんな自分になりたい!」

「理想的な自分とは、どんな状態かなぁ?」

とコーチングすれば役立つことがあるかもしれません。

 

しかり、

Bタイプ、

Cタイプの人間には情緒的条件を無視したコーチングは、

効果がないばかりでなく、

嫌われることになるのです。

 

 

そして、相手が落ち込んでいる状態なのに、

その場を読めないで、

「どんなやり方をすればよかったかな?」

「次回、上手くできるとしたら何を変える?」

などとコーチングすると最悪です。

 

『あの人は気持ちが感じないロボットみたい!』と思われてしまうのです。

これでは、

人間関係など良くなるはずがありません。

人間関係が良くなければ、

コミュニケーションの成立は難しくなります。

 

学んだスキルは無駄ではありません。

 

学んだ時間も、

無駄ではありません。

 

ただ、アメリカから伝わったコーチングや心理学を、

日本で使うには、

日本文化という背景にあわせることが先なのです。

 

どうか、

貴重な時間とお金をかけて学んだスキルを、

日本文化という土台を尊重して使ってみてください。

 

ページの先頭へ