相手が瞬間的に変わる! コミュニケーション能力

私たちが普段、何気なく行っている「コミュニケーション」。

職場。
家庭。
友人。
社会で生きるには、あらゆる場面で人間関係が重要です。
円滑な人間関係、そのカギを握るのがコミュニケーションです

ところが、
相手のためにと思ったコミュニケーションをしても、
誤解されたり、逆に関係が悪化したりと
上手くいかないことはありませんか?

良かれと思ってしたのに…
「なぜ上手くいかないのか?」

私たちが、日常的に行っているコミュニケーションですが、
実は「受け手」「伝え手」「手段」「目的」など、
状況に応じて、
さまざまな情報を瞬間的に理解し、表現するという、
とても高度な能力を駆使しながら行っています。

そして厄介なのが、
一度、対人関係のコミュニケーションに問題を抱えてしまうと、
生涯の大きなテーマになってしまうことがあるということです。

私たちトレーナー協会には、
毎年、3,000名を超える参加者が、
コミュニケーションを学びに来ます。

そんなコミュニケーションには、
大きく分けて8つの段階的な能力レベルがあります。

Level.1 相手の話を聞く(聞くレベル)
Level.2 自分の気持ちを伝える(伝えるレベル)
Level.3 テクニック・スキルを教える(ティーチング、プレゼンテーション)
Level.4 相手の問題解決を支援する(一般的にカウンセリングといわれます)
Level.5 相手の目標達成を支援する(一般的にコーチングといわれます)
Level.6 相手の心を癒す(一般的にセラピーといわれます)
Level.7 相手のミッションを見つける(一般的にプロセスコーチングといわれます)
Level.8 “Level.1~7のすべてが出来るレベル
(一般的にメンタリングといわれ、メンターと呼ばれます)”

それぞれのコミュニケーション能力レベルに応じて、
対人関係を改善することができます。
そして、
自分との向き合い方が向上します。

さらに、レベル8のスキルを味わうと、
コミュニケーションの力に魅了されることがあります。

なぜならば、
コミュニケーションを学び、
スキルを身につけていく中で、
相手が勝手に変わる瞬間に立ち会えるからです。

あなたの言葉で、
相手が自ら変化していくのです。

その瞬間は、
一緒に学ぶ仲間と向き合った時の
ご自身に起こることもあります。

だから、
コミュニケーションを学び続ける方が多いのです。

親の形見を手放してまで、
学び続ける参加者の動機

先日、コミュニケーショントレーナー協会で
5年ほど学び続けている方と話す機会がありました。

その時、こんなことを教えてくれました。
「私は、多くの方にコミュニケーションを伝えたい・・・」
「母として、子どもの拒食症と向き合った経験を伝えたい・・・」
「社会の役に立つ生き方をしたい・・・」

私は胸が熱くなりました。

続けて彼女は、
「学ぶには、お金がかかるのよね・・・
でも主婦は、お金ないでしょ・・・
私、主人や子どもの貯金、家のお金には一切手をつけずに、
学んできたの・・・
両親が私に残してくれた物は手放したし、
使わなくなった物も手放した・・・
後悔はしてない。

反対に、もっと学びたい。
まわりの役に立ちたいから」

このようにコミュニケーションの魅力の虜になり、
5年、そして10年と学び続ける方が大勢います。
それは長い間、
コーチングやカウンセリングを学び続けることと同じです。

ところで、
何が彼女や多くの参加者を、
そこまで突き動かすのでしょうか。

その動機は、ただ一つ。
『貢献』です。

彼女の2人の娘は、
以前、精神的な病気を抱えていました。
摂食障害、
突如起こるパニック、
家庭内暴力、
登校拒否。
さらには、
3歳違いの姉妹の不和も深刻だったようです。
次第に夫婦仲にも軋轢が生じていきました。

それから6年。
脳に障害が残るといわれるほどの
摂食障害を患っていた長女は、
地域有数の進学校に入り、学年1位の成績を経て、
某有名大学に合格。女子大生に!

登校拒否をしていた次女も
中学校で学年1位。今年、
進学校へ入学しました。

彼女が学び続ける動機。
それは、
自分と家族の乗り越え体験を活かし、
同じような境遇の方を支援することです。

彼女は、
コミュニケーションを学ぶプロセスで、
自分の生きる方向性に気づき、
人生のチャレンジを始めたのです。

彼女が目指すのは、コミュニケーション能力レベルのレベル8の能力です。

Level.1 相手の話を聞く(聞くレベル)
Level.2 自分の気持ちを伝える(伝えるレベル)
Level.3 テクニック・スキルを教える(ティーチング、プレゼンテーション)
Level.4 相手の問題解決を支援する(カウンセリング))
Level.5 相手の目標達成を支援する(コーチング)
Level.6 相手の心を癒す(セラピー)
Level.7 相手のミッションを見つける(プロセスコーチング)
Level.8 Level.1~7のすべてが出来るレベル(メンタリング。メンターと呼ばれる)

彼女は必ず、
これまでのご自身の家族との関わりを礎にして、
同じようなテーマで困っている方を支援していくでしょう。

そして、
支援した方の笑顔に囲まれ、
今以上に幸せな未来が待っているでしょう。

人を変容させるキーワードとは?

コミュニケーションを学び続ける源になるのは、
誰かに貢献したい、
社会に貢献したい、
という成熟した人間の根源的欲求です。

人間の欲求を5段階の階層で理論化した「マズローの欲求5段階説」でいえば、
最上位の自己実現欲求を満たせるのがコミュニケーションの力です。

コミュニケーション能力のレベル8
「Level.1~7のすべてが出来るレベル(メンタリング。メンターと呼ばれます)」
を身につけるには、最低でも10年かかるでしょう。

しかし、たとえ10年かかっても、関わる相手の『生き方』のお手伝いをできるのが、
メンタリングです。

もし、そのレベルに興味をお持ちでしたら、
一度、気になる講座へのご参加をお待ちしております。

最後に、彼女から届いたメッセージをご紹介します。

不器用な私は、 子どもに寄り添いながら働き、その収入で学ぶという選択が出来ませんでした。

夫に頼み、夫の収入で…という選択も出来ずにいました。

そんな中で、父と母が
「あなたがここぞという時、
どうしてもお金が必要な時、
生きていればそんな時が必ずあるから。
そういう時に、お金に変えなさい。
あなたを助けてくれるから」
と、私に遺してくれたものを思い出しました。

今、父と母の大切な贈り物は、
素敵な使い方ができていると、
私は思っています。

私だけでなく、娘たちに残すことができる。
そんな生き方ができるようになっている気がするから。
そして、学び続けることで亡くなった父の思いを理解でき、
私を通して父も幸せになっていく気がしています。
もちろん母も。
もしかしたら夫とも…。

だから幸せです。

自分は恵まれていると感じています。
これも自分勝手な受け取り方なのかもしれませんが…。

これから私が目指す未来は、
学んだことを伝えていくこと。
同じように苦しんでいる人の助けになること。
そうしながら自分の足で立つこと。
自分で稼いだお金で、学びを続けていくこと。

そして
「人格を磨いていく」こと。

言い尽くせないほど、
トレーナー協会に出会えたことに、
トレーナー協会でお会いした素敵な方々に、
感謝しています。

彼女も両親から貢献を学んでいたようです。

学び続けるための動機であり、 瞬間的に相手を変えるキーワードが 『貢献』なのです。

ページの先頭へ