経営者が孤独と向き合うのは『愛』を育てる最高の学び!

「経営者は孤独である」
ピーター.F.ドラッカー氏の名言です。

そして、孤独と向き合うことは、
『愛』を育てることです。

経営者に大切なのは、
孤独により判断を間違わないことです。

孤独を怒りに代えて放出すると、
まわりを傷つけてしまいます。
もちろん、
自分もズタズタになります。

優れた経営者は、
孤独と向き合うことで真摯的な決断をします。
孤独を受け入れることで学ぶことができます。
孤独を味わうことで優しくなれます。


孤独こそ、経営者の人格を育てる最高のリソース。
孤独と『愛』。


孤独との向き合い方は慣れるしかありません。

そして、
最初は孤独に気づかないものです。

次は、
孤独をコントロールできずに怒りに代えてしまい、
社員や家族を傷つけてしまいます。

それでも経営者は仕事のためだと割り切り、
自分を正当化したりします。

問題なのは、
この壁を乗り越えない経営者が少なくないことです。

この段階にいる経営者からは、
社員が離れたり、
家族との距離をでき始めます。

次に進むには、
上手くいかない理由の全てを、
自分の責任として受け入れることです。

そうすれば、
自分がまわりに悪影響を与えていることに、
向き合う勇気が芽生えます。

まわりと調和がとれるようになるのです。

『愛』が大きく育つ瞬間でもあります。

ところが・・・


新たな出会いのために別れが起きる。
しかし、ここまで到達すると、
その上で大きな別れの決断に迫られます。

大きな別れに感謝を添えて、 手放さなければならないことが起きたりします。

そして、この時こそ、
孤独を乗り越えなければならないのです。


なぜ、感謝を添えて手放す決断に迫られるのか?

それは、
経営者にはビジョンを達成する責任があるからです。

ビジョンを成し遂げるために、
社会から借りている社員を自己実現させなくてはならないのです。

社員の自己実現より、
右腕、左腕たちが自分を優先したとき、
経営者はその者たちを手放す勇気が必要です。


孤独は、
経営者が善き社会を実現するために向き合うプロセス。

それこそが、
本当の『愛と意志』のトレーニングです。

残念ながら、
ドラッカーさんの著書にはそこまで記されていないのですが...(笑)

世界的セラピスト堀之内先生と私のドラッカーさんのマネジメントDVDはアマゾンで!

ページの先頭へ