正直に受け取ってしまう人たちの心理テーマ。


「まわり言葉をありのままに受け取ってしまうのです・・・」
「冗談の区別できないんです・・・」
「なんでも真剣に受け取ってしまうんです・・・」

冗談が通じない人たちと片付けれらません。
この様なテーマを持っている方たちにとって、
深刻なテーマだからです。
まじめな性格の方は、
まわりの言葉を正面から受け取ります。

そして、時々、
その言葉で深く傷ついてしまうのです。


もっと辛くなる選択はしない!
短所と向き合う力を強さという!


例えば、ある商品やサービスのクレームがあった時、
まるで自分自身が否定されたように受け取ってしまいます。

クレームの対象は商品であって、
その方の存在に対するものではありません。


しかし、まじめな方は自分自身が否定されたように受け取ってしまうのです。
そして、傷ついてしまいます。

この様なパターンを持っている場合、
まず、
それが自分の持ち味であることに気づきましょう。


間違っても、このパターンを否定的にばかり解釈したり、
過去のトラウマの責任にして、
それを解消するアプローチはしないで下さい。


もし、相手の言葉を正直に受け取るパターンを改善してしまったら、
もっと苦しい症状に見舞われることになります。


だって、言葉を正直に受け取れなくなったら、
なわりを信じられなくなるからです。


まわりを信じられない悩みは、
かなりシンドイですよ。

「まわりの言葉を正直に受け取り過ぎる悩み!」と、
「まわりが信じられなくなる悩み!」。

どちらが辛いですか?


それを『強さ』といいます。


短所は長所であり、
長所は短所になります。

だからこそ、
自分の短所に向き合う力をつけましょう。
短所が持ち味になるように、
短所との上手な付き合いかたを身につけましょう。


生きる『強さ』を身につけましょう。


ページの先頭へ