コミュニケーション能力向上スキル

こんにちは。
トレーナー協会の猪瀬です。

寒い日が続きますね。
私の地元では、夜突然雪が降りました。
「あぁ~早く夏にならないかな」と思いました(笑)

私は、冬が苦手なようです。
皆さんは、好きな季節や苦手な季節ってありますか?

ちなみに、私は夏が好きですね。
海に行ったり、マリンスポーツをしたり
BBQを楽しんだりと毎年7月~8月はより元気になります(笑)

それぞれ大切にしていること

コミュニケーションも人それぞれ
好きな季節が違うように、考えている事が違います。

夏が好きの人に、冬がいいよねといっても
上手なコミュニケーションは作りにくいのです。
こういったところからミスマッチが起こるのです。
相手がなにを大切にしているかを観察しましょう。

寄り添えてますか?

そして、相手の話に寄り添うこともとても大切です。
傾聴や話をきくスキルを学んでも、中々難しいものです。
相手の話の途中で遮ってしまったり、
相手の話を聞いたあとに「でもさ~○○じゃない」って言うと
その気はなくても相手の話を否定していることになってしまいます。

相手の話を大切にしながら、
自分の世界観をどこかにおいて話を聞くことが大切です。

私も、コミュニケーションを学び終わっても
すぐにはできないことも沢山ありました。

しかし、実践をする中で少しづつ使えるようになりました。
今までは、なにかお話を聴いたりすると「でも、それってさ」とか
「もっとこうしたらイイんじゃない?」こんな感じで、否定したり
アドバイスをしたりしていました。

アドバイスも求められていないのにするアドバイスは
相手にとっては不必要な言葉の場合があります。
当時の私に足りなかったスキルは「寄り添う」と言うことでした。

相手が何か言った時に私は言葉の意味と
コミュニケーションをしていたような気がします。
「○○ができないんです」という相談に
「なんでだと思う?」「できるように頑張ろう!」
こういった言葉ばかり掛けていました。

背景を感じてください

でも、大切だったのは「○○ができないんです。」と
相談してくれた時に、「できない、できなかったんです」と
落ち込んで話してくれている人の気持ちはどんな気持ちなのか?

「怒られるかもしれない」と言う不安
「俺はだめだ」という劣等感
辛い感情が多分あるのでしょう。

そんな背景や気持ちに気づかないと
意味とのコミュニケーションになり
気持ちや心とのコミュニケーションはできません。

まずは、相手の意味ではなく
どんな気持ちで私に伝えてきたんだろう?
これを汲み取ることが、コミュニケーションの上達の第一歩です。

ページの先頭へ