コミュニケーション

こんにちは。
トレーナー協会です。

この間、あるカフェに行った時のお話になりますが、
休憩がてらカフェでゆっくりしていたのです。
隣の席では男女が仕事のお話をしていたんですね。

上司(男性)と部下(女性)の様な関係でした。

男性が「この間の資料作成ってどうなってるの」と
すると・・・
女性が「これこれこーで、あーで」と話しているわけです。

男性「それは、どうでも良いから
   出来たか出来てないかどっちだ?」と返したわけです。

女性は不満そうな顔で出来てますと答えていましたが・・・
男女間のコミュニケーションって違うものですね。

結果を大切にする男性に対し
プロセスを大切にする女性

夫婦間でも
プロセス型のコミュニケーションと
結果を求めるコミュニケーションでは、
中々、上手くコミュニケーションが出来ません。

皆さんの周りでも
いらっしゃいませんか・・・笑

コミュニケーションをする人には
パターンがあります。

コミュニケーションのパターン、タイプを
知っているのと知らないのでは違いが出ます。

こういうふうなタイプにはこうしよう。
などと考えられたりできるわけですね。

コミュニケーションのタイプは3パターンに分けられます。
視覚が強い人
聴覚が強い人
身体感覚が強い人

そして、その中でも
自己成長モデル・現状維持モデル・保護モデルと分けられます。

相手のコミュニケーションやタイプを把握して
コミュニケーションをしないと上手くいきません。

100人いたら、100通りの技術が必要なわけですね。

 

 

 

 

 

ページの先頭へ